歯並びについて

小児矯正 本所吾妻橋 エクシアデンタルクリニック墨田

一般的な子供の横顔

一般的なバランスの良い子供の横顔のイメージです。
矯正歯科治療ではゴールとする歯並びだけでなく、顎や口角の形や口腔における使い方の癖や正しい呼吸の仕方までも修正を目的とします。

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)の矯正

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、上の歯列が下の歯列よりも強く傾斜していたり、出ている状態のことを指します。一般的に出っ歯と呼ばれることがあります。

また、舌の顎が小さかったりすることで出っ歯に見えることもあり、状態としては口を閉じることが難しいことが多く、下の前歯が上の前歯の歯茎を傷つけてしまう事があります。

受け口(反対咬合)

受け口

下の歯(下顎)が上の歯(上顎)より前に出ている噛み合わせを反対咬合(はんたいこうごう)と言い、一般的に「受け口」や「しゃくれ」と呼ばれることがあります。

上下の前歯の傾きに問題がある場合と上顎が小さいことによる場合などがあります。顎の大きさに問題がある場合には成長のめどが経つまで矯正治療が必要となります。
大きなデメリットとしては正しく咀嚼が出来ないことや、会話が聞き取りにくい発音になるケースがあります。

乱ぐい歯(叢生)

乱ぐい歯(叢生)エクシアデンタルクリニック墨田

乱ぐい歯と呼ばれる歯並びの状態で歯科用語では「叢生:そうせい」と言います。

歯並びがデコボコに生えている状態で、上の歯の糸切り歯が飛び出していることを「八重歯」と呼び、デメリットとしては歯磨きの時に上手く歯ブラシが行き届かず、虫歯や歯槽膿漏の原因になることが多いです。

上下顎前突

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)とは、上下の歯が前方に傾斜していたり、両方の顎が前に出ている状態の噛み合わせのことを指します。一般的には口元が前に出ている印象や顔全体が姿勢に対して前に出ているような印象を与える場合があります。

原因としては遺伝や、口呼吸をしていることで普段から口をポカンと開けていることが多い人に見受けられます。
また、口輪筋(口の筋肉が弱い人)にも多く見られます。

下顎が小さい

顎が小さい エクシアデンタルクリニック墨田

「アゴなし」と呼ばれる状態で、お子さんの場合は顎の成長によって治療法が様々になります。
下顎の劣成長が認められる場合、

・顎を広げる歯槽骨形態修正
・歯と歯の間をやすりがけして前歯を引っ込める
・小児の上顎を急速拡大し縫合を開いて新生骨を添加する
・臼歯を後方に移動させる

などがあります。この症状の方は歯科医師によっても治療の提案が異なる場合があるのでまずは矯正相談を推奨します。当院ではセカンドオピニオンにおいてもしっかりと対応させていただきます。

TOP

LINE予約

こちらのQRコードを読み込んで「歯の予約」を
友だち追加し、登録をお願いします。

LINE予約