歯医者さんを怖がらないように

小児歯科

歯医者さんを怖がらないように

小さい頃からのむし歯予防はとても大切です。乳歯がむし歯になってしまうと永久歯にも悪影響を及ぼします。
歯医者さんに恐怖心や不安がある子は多いはずです。そんなお子さん達に優しくしっかり説明をして少しずつ出来ることを増やしていきましょう。
将来健康な歯でいるためには、日頃のケア・定期健診をしてむし歯を作らない様にする事がとても大切です。

当院、エクシアデンタルクリニック墨田は、お子さんに寄り添う治療を心掛けています。ご家族の方と医院が協力しあい、お子さんの歯が健康でいられるように守っていければと考えます。お子様の口腔内をしっかり管理し、ケアできる掛かりつけ歯科医院を持つことをお勧めします。

子どもはむし歯になりやすい

子どもの歯はとても弱くむし歯になりやすいです。歯が生えたその日からむし歯リスクがあります。
むし歯になりやすい場所は歯と歯の隙間、歯と歯茎の境目、奥歯の溝などです。乳歯が生えてきたら、ガーゼで磨いてあげましょう。まだ自分で歯磨き出来ないお子さんは親御さんがしっかり仕上げ磨きをしてあげ、磨き残しがないようにしましょう。フロスを使って歯の隙間や歯ブラシがなかなか届かない奥歯などもお掃除してあげることでむし歯予防、口臭予防にもなります。

ダラダラ食べもむし歯の原因になります。お菓子やジュースなどには糖分が沢山入っています。同じ量のお菓子を一度に食べるより、同じ量のお菓子をダラダラ食べているほうがむし歯になりやすいです。
口の中に糖が留まる時間が長くなってしまっているのでむし歯になりやすいのです。おやつの時間を決めて、決まった量にすることで、むし歯予防に繋がります。

親から子へ移るむし歯

親から子へ移るむし歯 エクシアデンタルクリニック墨田

生まれてすぐの赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌がいません。むし歯は感染します。では、どのようにして移るのか?
親御さんが口移しで食べさせたり同じスプーン、同じ食器などを一緒に使っているとお子さんにむし歯菌が移ってしまうのです。同じコップで飲み物を飲むのも同じです。食べ物などフーフーするのでも、むし歯になるリスクが上がってしまいます。そして歯が生えそろう3歳までにはむし歯の数が決まると言われています。
親御さんがむし歯を治す、日頃のケア、定期健診を行えばお子さんのむし歯予防にも繋がります。

歯医者さんで出来るむし歯予防

ご家庭でのケアだけでは、完璧なむし歯予防も難しいと思います。
歯医者さんでフッ素・シーラントを使うことによりお子さんのむし歯予防をします。

フッ素とは?

フッ素の働き  エクシアデンタルクリニック墨田

海産物やお茶などに含まれているもので私達にとって身近な存在になっています。
『菌の働きを弱める効果・エナメル質の修復を促進・歯の質を強化』する効果があります。
乳歯は柔らかく溶けやすいので、フッ素を塗ることにより溶けにくく強い歯を作る事が出来ます。乳歯・永久歯の生えたての歯はフッ素が多く取り込まれるので効果的です。
あくまでも予防なので、毎日の歯磨きをきっちりしましょう。3~4ヵ月ごと定期的に塗布することをおすすめします。

シーラントとは?

合成樹脂を使い奥歯の溝を埋めてむし歯予防をします。
奥歯の溝は深く歯ブラシでは汚れが取りにくくなっています。
溝を埋めることにより磨き残しが無くなり、溝に食べかすが残ることもなくなるのでむし歯予防になります。
シーラントは永久的なものではなく劣化するものなので取れたりする事があり定期的に通う必要があります。シーラントを受けた後もしっかり歯磨きをしましょう。
4~6ヵ月ごと定期的に行うと効果的です。

エクシアデンタルクリニック墨田では、小さなお子さんの歯の治療にも積極的に対応させて頂いております。小児の治療についてご不明なことなどありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
TOP

LINE予約

こちらのQRコードを読み込んで「歯の予約」を
友だち追加し、登録をお願いします。

LINE予約